ジョグナ・アガルタ

婚約者(♂)と別れ、元カノ(♀)と復縁しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
復活ではなく
あー、
このスペースもお久しぶり。

一年以上ぶりだ。

その間もハニーとは相変わらずな日々を過ごしておりますよ。

最近は気まぐれにTwitterで呟いております。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ



それで、
そろそろはっきり書いておこうかな、と。
『復活愛』が途中で止まっておりますが、
更新する予定はありません。
読んでいただいた方には大変申し訳ありません。
事情を簡単に説明しますと、
「Xさんのブログ盗作しただろ!」といちゃもんつけられまして。
『へえ、盗作されてたんだ。では続きを待ってみようか』
と更新を止めておりました。
なんだかんだでXさんのブログはもう存在しません。
でもね、なんだかね、書く気が失せてしまったのですよ。
もし楽しみに待っていてくださった方がいたとしたら本当に申し訳ございません。



「平穏すぎてネタが無い」



「ツイート(短文)にまとめるのも意外と楽しい」


の理由により次いつ更新するかは解りませんが、

ハニーとの関係に劇的な変化があった時は更新します。

ではでは。
スポンサーサイト
幸せな夢を見た。
以下、夢(眠っている間に見る方)の話です。
夢で見たままを書いているので、読みづらいのはご勘弁を。




いつものようにハニーの腕の中で目が覚めた。
まだ眠っているハニーを起こさないようにそっとベッドを抜け出し、
寝ぼけ眼をこすりながらリビングへの戸を開けた。

「おはよう」

「『おはよう』。っていうか、もう『こんにちは』だけどね」

テーブルでコーヒーを飲んでいたFTMのKさんが笑う。

「ネロもパンケーキ食べる?」

Kさんの恋人のFTMさんがパンケーキがのった皿をこちらに差し出した。

「いただきます」

こんがりきつね色に焼けたパンケーキに遠慮なくフォークを刺していると、
蔦の絡まった飾り棚の横の茶色い扉が開き、
Tシャツに濃いグレーのジャケットを羽織ながら瑠斐さんが飛び出してきた。
慌しく棚にかけてあった帽子を被り、鏡を覗き込んでいる。

「おでかけ?」

「恋人迎えに行かなきゃなんですけど寝坊しちゃって!」

「駅? 途中まで一緒に行ってもいい?」

「え、いいんですか!?」

私は食べかけのパンケーキを口に押し込むと、瑠斐さんと連れ立って部屋を出た。



駅に向かう大通りで瑠斐さんは恋人と合流した。
どうやら待ちきれずに歩いてきたらしい。
恋人さんは穏やかな笑顔で焦る瑠斐さんの頭を撫でた。

年上のボーイッシュさんかー、意外だ。
でもお似合いだ。

そんな事を思いながら、雑踏に紛れていく二人の背中を見送った。
あてもなくぶらぶらとウインドウショッピングをして、飽きてきたのでぶらぶらと家に帰った。

「ただいまでーす」

「おかえり! 今からエリック・マーティンの新譜聞くけどどう?」

ゲイのちびさんがデッキの前にかがんだままニヤリと笑う。

「お、ついに買ったのね! 聞く聞く!」

「コーヒーは?」

ゲイののっぽさんが差し出したカップを両手で受け取る。

「あ、すみません」

立ち上るアロマが心地良い。

「あ。ヒトミが今度闇鍋パーティしたいって」

「やだよ。絶対ゲテモノ入れるだろ」

「いーじゃん、やろうよ!」

「ハニーは不参加だそうです」

「絶対逃がさん!」

その時、玄関のベルが鳴り響いた。
瑠斐さんが恋人さんを連れて帰ってきたのだ。

「ただいま」

「おかえりー」






で、目が覚めた。

すごく幸せな気分で。

色々なセクシャリティの人とルーム・シェアしている夢だった。

この中で顔を知っているのはハニーとヒトミだけ。

瑠斐さんにもKさんにも会ったことないし。

残念ながらゲイの友人はおりません。


こんな生活楽しいだろうなぁ。


人見知りの激しいハニーには絶対不可能だろうけれど(笑)
たまにはさぁ~
べろんべろんに




甘やかされたいのよーーーーー!!!!!






甘々な言葉に




酔わされたいのよーーーーー!!!!!









てやんでばーろーちきしょい(絡酒)
カメラ乙女・ネロ
私はカメラを手にすると、ハニーを撮らずにはいられない。

笑顔でポーズを決めるハニーもいいけれど、

本当に撮りたいのは、

素のハニー。



煙草を咥えてジャンプ読んでる姿とか、

運転してる横顔とか、

あどけない寝顔とか、

魚の大群に夢中な表情とか、

ビールが注がれて汗をかいたグラスを握る手とか、

振り向いた無防備な視線とか、

風呂上りの気だるげな様子とか、

そういったものを撮りたい。


なのにハニーときたら、


ハ:「そんなに撮ってばかりで楽しい?」


と冷めた目で私を見るのです。

私:「楽しい!」

ハ:「ふーん」

あからさまに不機嫌なご様子。
もうね、カメラ引っ込めるしかないじゃないっすか。

私:「写真撮られるの嫌い?」

ハ:「別に。でも……」

私:「うっとうしい?」

ハ:「ちょっとね。一緒に撮るならいいけどさ」

そういえば、ハニーは旅先で一緒に写真を撮りたがる。
もしくは単品の私を撮りたがる。

なーんだ、一緒じゃない。

でも、ハニーは視線を欲しがるんだな。

私、写真自体苦手なのにな(汗;)
アケオメコトヨロ
あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

今年もよろしくお願いいたします。

今年もみなさんにとって実り多き一年になりますように。



ってなわけで、丑年ですね~

みなさん初夢は見ました?

私の初夢は、




元彼(タケル)にストーキングされる夢でした



もちろんハニーには言ってません

ちなみに、今年初めて口にした言葉は目覚めの一言、




「今の無し!!」


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・


いい一年になりますように orz
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。