ジョグナ・アガルタ

婚約者(♂)と別れ、元カノ(♀)と復縁しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
触れていたい
深夜、ふと目が覚めた。
隣ではヒトミが高いびきで掛け布団を抱きしめている。

ハニーはちゃんと寝ているのだろうか。

ベッドの端から、そっとコタツをのぞく。
ハニーはフラットにしたソファに横たわり仰向けに寝ていた。
けれど、寝息は聞こえない。
ヒトミのいびきにかき消されているわけではない。

寝付けないのだろうか。

私はヒトミを起こさないように身を乗り出した。


ハ:「ネロ?」


月明かりの中、ハニーが囁く。


私:「うん」

ハニーが身体をこちらへ向ける。

ハ:「寝れない?」

私:「大丈夫。背中痛くない?」

ハ:「大丈夫」

ソファの上に無造作に投げ出された掌に、私は手を伸ばした。
かろうじて指先が触れる。
その手をハニーがつかまえた。

ハ:「おやすみ」

私:「おやすみ」

優しいぬくもりに包まれて、私は深い眠りに落ちた。
スポンサーサイト
ハニーのポリシー
昨日、またまたヒトミが泊まりに来ていた。
ヒトミが泊まりに来ると、また誰がどこで寝るか話し合いになる。

私:「この前私とヒトミがベッドだったから、今度はハニーとヒトミが使いなよ」

ハ:「いいよ。二人で寝なよ」

ヒ:「私コタツでいいよ」

私:「ヒトミは一応客だから。ハニーも疲れてるでしょ?」

ハ:「いいって」

ヒ:「私を奪い合わないで~♪」

私:「寝相の悪い二人が一緒に寝たらどうなるか見てみたいし」

ヒ:「くんずほぐれつv」

ハ:「……お前、寝袋持って来い」

ヒ:「やだーーー!!!」

ヒトミがトイレに行っている間に話し合いは続く。

私:「ベッドで寝ないと疲れ取れないよ?」

ハ:「だって、あいつとベッドってなんか変じゃない?」

そうなの?

結局私とヒトミがベッドで寝ることになった。





ヒ:「んじゃ、お風呂借りまーす」

いそいそとヒトミがバスルームに消える。
しばらくして本を読んでいたハニーが「あ!」と声を上げた。

ハ:「シャンプーとかタオルとか教えてきたら?」

私:「え? 分かるんじゃない?」

ヒトミの性格上、勝手に使うのは目に見えている。

ハ:「いや、一応教えてあげなよ」

私:「じゃあ、ハニーが教えてあげたら?」

私はPSPでゲーム中。
二人並んでコタツに入っているのだから、気付いた方が行けばいい。

ハ:「いや、ネロ行っておいでよ」

私:「なんで?」

コタツから出たくないのか?
マンガに夢中なのか?

ハ:「だってシャワーかかってるんだよ? うちが行ったら変だろう?」

どこが?

先週一緒に温泉入ったばっかりじゃない(笑)

しかし、そこまで固辞するなら仕方ない。
私はPSPをコタツに置いた。

私:「んじゃ行ってくる」

バスルームのドアを開けるとヒトミの脱いだ服が散乱しておりました。



私とヒトミより、ハニーとヒトミの方が付き合いは長い。
ヒトミの部屋で夜通し飲んだりもしていたらしい。
今更何を遠慮してやがる。
しかも、女同士じゃないか。
性格上、男同士じゃないか。

と思うのですが、ハニーの中には微妙な線引きがあるようで。

ううむ、難しい――――
何度でもアナタに恋をする
私:「ただいまー」

リビングに入った私を寝ぼけ眼のハニーが出迎える。

ハ:「おかえりー」

私:「あれ? まだ寝てたの?」

今日も派手に寝癖がついて、まるでパンク少年のようだ。

あれ?

私は小さな違和感を憶えた。

ハ:「うん……風呂入ってくる」

そのまま私の横を通り過ぎてバスルームへ消える。
その間に私は夕食の準備をする。
肉を炒めて野菜スープを作って、あ、ご飯が炊けた。
とかやっているとハニーが湯気を上げながらバスルームから出てきた。

ハ:「ご飯できた?」

私:「もう少し」

ハ:「じゃあ先に髪乾かしてくる」

私:「はーい」

ハニーの後姿を見送る。

あれれ?

膨らんだ違和感は小さな実になった。
ドライヤーの送風音が聞こえている間にテーブルにお皿を並べ、ご飯をよそう。
そうして私は扉の前でハニーを待ち構えた。
無防備に扉から出てきたハニーが一瞬のけぞる。

ハ:「うおっ。 どうした、仁王立ちして?」

私:「髪切った?」

ハ:「あぁ。うん、切ったよ」

乾かすと一目瞭然。
思わず私は目をそらした。

ハ:「なんで目そらすの? 変?」

私:「変じゃない。ご飯食べよう」

ハ:「なんでこっち見ないの。笑いこらえてる?」

私:「こらえてない! ご飯ご飯」

ハ:「やっぱりおかしいんだ……」

寂しそうにうつむく大根役者を、思わず振り返ってしまう。

私:「かっこいいよ!」

ハ:「嘘だ」

私:「かっこいいってば」

ハ:「じゃあなんで目そらした」









私:「照れただけさ」







ハ:「はい?」

私:「かっこいいから照れたっつっとんじゃ!!」

短くカットされた髪はシャープな輪郭を際立たせ、
軽く目にかかった前髪が表情を物憂げに見せる。
落ち着いた茶色が白い肌とあいまって西欧の少年ぽく、
青年よりの中性的な雰囲気がシャンプーの匂いと共に私を襲った。

髪を切っただけなのに、

ちょっと髪を切っただけなのに、

目を離せない。

でも恥ずかしくて目を合わせられない。

ハ:「そんなの知ってる」

ハニーは鼻で笑うと軽い足取りでテーブルについた。
調子にのるのが分かってるから言いたくなかったんじゃい!
食事中も、私は隣に座るハニーを見ないように頑張った。

ハ:「ねぇ、マヨネーズ取って」

私:「はい」

渡す時も正面を見たまま。

ハ:「ティッシュ取って」

私:「はい」

ハ:「やっぱり肉は美味いねー」

私:「そうだねー」

ハ:「……なんでこっちを見ない」

私:「見てるさー」(正面向いたまま)

ハ:「やっぱりブサイクだから見たくないんだ……」

ハニーの沈んだ声(大根)。

私:「そうじゃないってば!」

また騙されてハニーを振り返る私。
そこにあるのは、ハニーの勝ち誇った満面の笑顔。

ハ:「じゃあ何?」

私:「……かっ……」

ハ:「ん?」

私:「かっこいいです!!」

ハ:「んむ!」

衝動の赴くまま、

笑顔で肉を食むハニーの横っ面を拳でグリグリしたのは、

愛しい顔にふれたかっただけで、






けっしてムカついたからではありません。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。