ジョグナ・アガルタ

婚約者(♂)と別れ、元カノ(♀)と復縁しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
こうなると思ってた。
えぇっと、すっかり更新滞っておりますが、これからも滞ります。

すっかり皆様もお忘れであろう、

『ハニー、熱っぽいの』事件・完結編。




嫌な予感がしていた。
会社帰りにデパ地下に寄って大根とバナナを買って、帰宅。
静かにドアを開けると、真っ暗になった室内は生ぬるかった。

ハ:「あー……おかえり」

ベッドに横たわっていたハニーが布団の下から顔を出す。
その声は擦れていて熱っぽい。

私:「ただいま。熱出た?」

ハ:「うん。測ったら38度あったから風邪薬飲んで今まで寝てた。
   ビールは飲んでないよ」

速攻で予防線を張る。
飲んでたらしばき上げるけどね。
私は苦笑しつつ枕元に膝を着いた。両手で包んだ頬は熱い。

私:「冷えピタ張ろうか。何か食べられそう?」

ハ:「う~……いらない」

ハニーはおかゆが嫌い。生姜が苦手。
うどんは近所の細麺のお店でしか食べない。

私:「バナナ買ってきたけど、食べられない?

ハ:「……ちょっとだけ食べてみる」

ハニーに大好物の剥いたバナナを手渡し、
食べている間に冷えピタとアクエリアスを用意する。

ハ:「ネロは夕飯どうするの?」

私:「ピザでも取るわ」

1人分だけ作ることほど面倒なことはない。
ピザは冗談にしてもお茶漬けか何かで済ましてしまおう。
輪切りにした大根を昆布だしで煮ながら本を読んでいると、
背後から声が掛かった。

ハ:「テレビ、見てもいいよ?」

私:「ん~? 別に見たいのないけど。見たいの?」

リモコンを渡すと、嬉々としてスイッチを入れるハニー。
帰宅直後より格段に声に張りがある。
順調に回復に向かっているらしい。

ハ:「ピザ、頼まないの?」

私:「食べたい?」

ハ:「いや、ネロが何も食べないから」

私:「なんか面倒でさ」

ハ:「何か食べなよ」

私:「そうだねぇ、じゃあピザどれが食べたい?」

ハ:「ネロの好きなの頼みなよ」

私:「どうせ半分はハニーの明日のご飯になるんだから」

ハ:「えーと、じゃあねぇ、」


40分後、

私の隣でピザを頬張るハニーの姿があった。

ハ:「あー、喉渇いた」

私:「お茶入れてこようか?」

ハ:「……ビールがいいな

私:「はあああああ!?」

ハ:「だって、もう、元気なったよ!」

私:「今日は我慢しなさい!」

ハ:「もう熱も下がったってば!」

私:「何度よ」

ハ:「何度だったら飲んでいい?」

私:「はあ?」

ハ:「何度以下だったらビール飲んでいい?」

このお子ちゃまは……
私は痛む頭をかかえて、呟いた。

私:「37.3度」

ハ:「37.7!」

私:「ダメ。37.3」

ハ:「37.5!」

私:「……37.4」

ハ:「37.5!」

私:「じゃあ飲まなくていい」

ハ:「37.4ね!!」

結果、37.62°

私:「はい、残念。はい、冷えピタ」

ハニーがふてくされた顔で前髪をかき上げる。
しかしこの程度で諦めるハニーではない。
その後、30分おきに熱を測り続けた結果、

ハ:「37.26!」

日付が変わろうかという時間になって、ようやくハニーはビールにありつけた。
執念って恐ろしい。

私:「飲んだら寝るのよ」

ハ:「うーい」

洗い物を済ませ、布団を整えてからハニーの横へ入る。

私:「明日体調悪かったら無理しないで休むのよ」

ハ:「はーい」

翌朝、体調が悪かったのは私の方だった。
夕食を作るのが面倒だったのは、体がだるかったから。
頭が痛んだのは、発熱していたから。
嫌な予感は、悪寒に変わった。

室内感染。

感染源は今日も元気にビールを飲んでいる。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。