ジョグナ・アガルタ

婚約者(♂)と別れ、元カノ(♀)と復縁しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「会いたい・・・・・・」 (復活愛 9)
ファーストコンタクトから、ぱたりと連絡は途絶えた。
他愛ないメールを交わすほど親しくはないし、当然といえば当然かもしれない。
こちらからメールしようにもきっかけもない。
どうしようか迷っているうちに一週間が過ぎた。

タケルは休日出勤で仕事。
夕食後、親とは何となくいづらくて私は部屋でマンガを読んでいた。
ベッドに寝転がっていると、枕元で充電中の携帯が震えた。
タケルの仕事が終わったのだろうか?
液晶画面を確認してみると

『着信:090-++++-++++』

誰だろう?
考えようとして、私は一気にひらめき慌てて携帯を取った。

私:「もしもし?」

『もしもし? お久しぶりです』

その声は紛れも無くハニーだった。
あいかわらずの低音ボイス。
少しもったりとしたしゃべり方が懐かしい。

ハ:『今家?』

私:「うん、家だよ。急に電話来るからびっくりしたよ!」

ハ:『アハハハ。すまんね。何してたの?』

私:「部屋片付けてたんだけど、いつの間にかマンガ読んでた」

ハ:『ああ、自分もそれなる。もう夕飯食べた?』

私:「うん。だってもうすぐ10時だよ?(笑)」

ハ:『そうだよね。・・・・・・あ、結婚おめでとうございます』

胸がズキンとした。
でもその痛みはすぐに安堵に変わった。
黙ったままなのは気が引けるし、かといって言うタイミングもつかめない。

私:「ありがとうございます。っていっても婚約もしてないんだけどね~」

ハ:『そうなの?』

私:「うん。話が出てるだけ。ヒトミに聞かなかった?」

ハ:『いや、聞いてない』

話しながらハニーの声が熱っぽく少し舌足らずなのに気づいた。

私:「お酒飲んでる?」

ハ:『少しね』

私:「晩酌ですか~。今日も一日お疲れ様です」

ハ:『あ、どもども』

沈黙が落ちる。
ハニーの背後から賑やかな声が聞こえる。もしかして外にいるのか?
それなら電話切った方が良いんではないかと、切り出そうとしたその時、

ハ:『今から会えない?』

私:「・・・・・・はい?」

ハ:『ちょっと、会いたいかなあ~って思って』

はいーーー!?!?!?!?
何この急展開!?
会いたいって?
酔いちくれのたわごとよね?
私は動揺を悟られないよう笑いながら切り替えした。

私:「この時間からはちょっと無理かな~。ほら、私って箱入りですから」

ハ:『そっか・・・・・・そうだよね・・・・・・』

いや、突っ込めや!
酒を飲んでいるハニーが運転して家まで来るのは不可能。
電車でハニーの所まで行ったら間違いなく終電を逃す。
かといって車で向かうには親が心配する。

私:「もうちょっと早く誘ってくれたら行けたんだけどね」

ハ:『うん・・・・・・』

私:「なに? そんなに私に会いたかったの?(笑)」

ハ:『う~・・・・・・ん』

う~ん、て待てや、コラ!
酔っ払いのハニーは突っ込みどころが満載すぎる。
からかわれているのだろうか?

私:「ちょっと、切りますわよ?」

ハ:『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ちょっとだけでも無理?』

思わず言葉に詰まる。
再び時計を見た。もう10時を過ぎている。

私:「ごめんね。ちょっと無理かな」

ハ:『そっか・・・・・・急にごめん』

私:「こっちこそごめんね。また誘って」

ハ:『うん。じゃあ、また」

私:「うん、電話ありがとう。またね」


電話を切ってから、激しく後悔をしたのは言うまでも無い。
Comment
≪この記事へのコメント≫
はじめまして
復活愛シリーズ…いいですね。毎日楽しみにしています。
僕も『なれそめ』書いていたので、その間、当時の気持ちがよみがえり…ドキドキしたり切なくなったりしてました。
反面、今目の前に当時恋い焦がれた人が当たり前の事だけどいるわけで…(笑)なんか不思議な感じでした(^-^;
シリーズも、いよいよ核心に迫ってきましたね。
これからもますます楽しみです!
2008/07/19(土) 02:18:57 | URL | toa #SunTsyec[ 編集]
次にこういう展開になったんですね。酔っ払ってる時だと、ほんとに会いたいのか、酔ってるせいなのか…いや、でも、この時のハニーさんは間違いなく酔っていてもネロさんに会いたかったんだと感じます、勝手に。結婚の話が出てるって聞いて、ネロさんに直接会うことで、ハニーさんも何か確かめたかったんでしょうかね、自分の気持ちとか…。後悔は残るも、やっぱり(平日?)の10時に家を出て会いに行くって…ちょっと難しいものがありますよね。うちもダメだったと思います。10時に帰ってくるんじゃなくて、その時間に出ると言うのは、間違いなく親から「こら!」って言われたと。
2008/07/21(月) 06:10:10 | URL | ハラメグ #-[ 編集]
>>toaさん
はじめまして。コメントありがとうございます^^
私もいまだに不思議に感じる時がありますよ。
「本物だよね?」って顔むにむに触って変な顔されたり(笑)
楽しみにして頂いてありがとうございます!
まったり更新ですので、まったりお楽しみくださいませ☆
2008/07/23(水) 15:10:13 | URL | ネロ #-[ 編集]
>>ハラメグさん
そういって頂いてありがとうございます。
自分の都合の良いように解釈するのも怖くて色々と自分でブレーキかけてましたね。
そうなんですよね。外出していれば多少帰りが遅くなっても大目に見てくれるんですが。こういう時、実家暮らしだと辛いですね^^;
2008/07/23(水) 16:06:50 | URL | ネロ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。