ジョグナ・アガルタ

婚約者(♂)と別れ、元カノ(♀)と復縁しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ゴールデンウィークの旅路 (その3)
再びシャトルバスに乗ってホテルに戻る。
外は十分すぎるほどに暗くなっていて、ネオンが眩しかった。
二人で夜景を楽しむ時に締めて出たカーテンをハニーが握り締める。

ハ:「開けていい?」

私:「いいよ」

部屋の照明を消し、ハニーの横に並ぶ。
ハニーが両手で一気にカーテンを開いた

ハ&私:「すっげーーー!!」

眩いばかりの光景が広がっていた。
ポートタワーは赤く光り、モザイクの観覧車もライトアップされている。
街の灯りは大阪だろうか、港の向こうまで黄色く続いていた。

私:「綺麗だねぇ」

うっとりする私の肩にそっと手が回される。
口元にニヒルな笑みを浮かべハニーが囁いた。


ハ:「ネロの方が綺麗だよ」


はっ、

しまった!!

ヤル気か?

ヤル気なのか!?

私:「うん、知ってる」

引きつった笑顔で必死にかわす私。

ハ:「綺麗な景色を見ながら、綺麗なネロをもっと見たいな」

言いながらハニーが片手で素早くブラのホックを外した。
いつもながら見事な手際で。
いや、そうじゃなくて!
プロフィールに追加するぞ、『特技:ブラ外し』って!
私は胸元を押さえながら、

私:「夜景見に行くんでしょう? すぐに出ないと間に合わないよ。
   片道1時間かかるし」

ハ:「ここからの夜景でも十分綺麗だよ」

言いながら首筋に舌を滑らせる。

私:「でもせっかく来たんだし、日本三大夜景見たいなー」

ハ:「・・・・・・」

私:「早く行かないと光が減っちゃうよ。帰るのも遅くなっちゃうよ」

ハ:「分かった」

不承不承離れるハニー。
夜景はハニーも楽しみにしていたのだ。

ステーキ食べながらビールを飲んだハニーに代わって私が運転する。



で、着いた摩耶山からの夜景。

素晴らしかったです。

文才の無い私にはあの美しさを表現するのは無理です。
寒空の下、ハニーと1時間以上夜景見てました。
それでも見飽きません。
まだまだいたかったけどそういうわけにもいかず、後ろ髪を引かれながら帰りました。


帰りついたのは11時近く。
私は部屋に入るなりベッドに倒れこんだ。

疲れた・・・・・・

体力的にも気力的にも疲れましたわよ、西六甲道!
帰りの表六甲道は良かったんだけどね。

ハ:「お風呂入らないの?」

私:「入りたいけどダルい・・・・・・」

ハ:「一緒に入る?」

私:「・・・・・・体洗ってくれる?」

ハ:「いいよ。こっちが洗い終わったら呼ぶから。寝るなよ」

私:「あーい」

ハニーに呼ばれるまでベッドの上から一歩も動けませんでした。
お風呂場でもハニーにされるがまま。
とは言ってもほとんどHなことはしてません。

『わざわざ狭い風呂場でいちゃつく必要なくない?』

ハニーのお言葉でございます。
先に風呂から出されて、私は再びベッドに横になってハニーを待ちました。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。