ジョグナ・アガルタ

婚約者(♂)と別れ、元カノ(♀)と復縁しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
不穏な夜 (その1)
ハ:「ガソリン入れに行くけど一緒に行く?」

私:「行く! ラーメン食べたい!」

この日ハニーは家族と一日お出かけしていて私は一人でお留守番だった。
帰り道にかけてくれた誘いに私は速攻でのった。
駐車場に横付けしたハニーの車に乗り込む。

ハ:「どこのラーメン屋?」

私:「○○!」

ハ:「○○って、片道2時間だぞ!?」

私:「だめ? 疲れた?」

ハ:「疲れたけど、いいよ」

しかしやはり疲れはたまっているようで、給油して10分も走らないうちに

ハ:「やっぱり○○は今度でいい?」

私:「いいよ。じゃあ帰ろうか」

ドライブしたい気分だったけど仕方ない。
明日は仕事だし、はじめから駄目元で話したのであまりがっかりはしなかった。

ハ:「ごめんね。じゃあどこ行く? ××は?」

Uターンしたハニーが言ったのは地元のラーメン屋。

私:「いいよ。帰ろう」

ハ:「なんで? お腹空いてるんだろ?」

私:「大丈夫だよ」

私は笑顔で否定した。

ハ:「ラーメン食べるって行ってたじゃん。何か食えよ」

なんだか雲行きが怪しくなってきた。
ハニーの声は明らかに険がこもっている。
けれど夜遅かったし、実際それほどお腹が空いているわけではない。

私:「家に食べるものあるし、お茶漬けでも食べるって」

ハ:「いいじゃん。何か食べろよ。どこ行く?」

私:「本当にいいってば」

ハニーの不機嫌を受けて、食欲は全く無くなっていた。
でもこのままではハニーの機嫌はますます悪くなるのは解っている。
けれどなんでそんなに固執するのかが解らない。
さっきまで機嫌良かったのに。
私はハニーの横顔をうかがった。

私:「ねぇ、機嫌悪いの?」

ハ:「別に」

そっけない声。
嘘つくなら貫いてよ。不機嫌オーラ丸出しじゃん。
何も言えず、車内は不穏な沈黙に包まれた。

ハ:「じゃあ、何か買って帰ろう」

無愛想な声に、私は小さく頷いた。

私:「カゴ持つよ」

ハ:「いいよ」

私:「いつも持たないじゃん」

言ってから『しまった』と思った。
しかし出た言葉は取り消せない。
ずっと不機嫌を隠そうともしないハニーに苛立ってもいたので、フォローをする気にもならなかった。
結局、家に帰っても不機嫌は続いた。
ハニーは壁に寄りかかると足を投げ出して座った。

ハ:「何か食えよ」

私:「うん」

とりあえず棚を開けて選んでいるふりをする。
しかし食欲は無い。吐き気すらするほどだった。
それでも何か食べなければハニーの機嫌は直らない。
どれくらいそうしていただろう。
不意にハニーが声をかけた。

ハ:「無理して食べなくてもいいよ」

私:「うん」

私は開いた扉の影に座り込んだ。
体がだるくて動けない。
こんな状態でハニーの前にいられない。

ハ:「ネロ?」

私:「ぅ・・・・・・ん・・・・・・」

声を出したら泣きそうだった。

ハ:「いたら迷惑? 実家に帰った方がいい?」

苛立った声。
私はハッと顔を上げた。
引き止めたい。
でも声が出ない。

これ見よがしなため息と共に物音がする。
衣擦れがして、
金属がぶつかる音がして、
足音が通り過ぎて、
鍵を外す音がした。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。