ジョグナ・アガルタ

婚約者(♂)と別れ、元カノ(♀)と復縁しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
最後の夜 (その4)
ハ:「あ、ビールが無い」

私:「飲む予定無かったもんね~。コンビニ行ってこようか?」

ハ:「いいよ。自分で行く」

私:「酔いちくれが何を言うか」

この時すでにハニーはビールの500ml缶を2本飲み干していた。
私は250mlの梅酒がまだ半分以上残っている。

ハ:「これぐらいで酔わないって。ネロじゃないんだから」

私:「だって夜道の一人歩きは危ないってば」

ハ:「こっちは大丈夫。ネロの方が危ない」

私:「近いから大丈夫だよ」

ハ:「・・・・・・じゃあ、一緒に行こうか?」

私:「うん!」

こうしてハニーと夜の散歩に出かけた。
満月が煌々とアスファルトを照らし、外は思った以上に明るい。
夜風が火照った体に気持ちいい。
夜中に散歩なんて、二人暮らしして初めての週末に居酒屋に行って以来だ。

ハ:「こら、こっちおいで」

道路の真ん中をぶらぶら歩いていた私にハニーが声をかける。
素直にそばにかけよると、手を握られた。
ほてった大きな手にすっぽり包まれると安心する。
嬉しいのと、なんとなく気恥ずかしいのとで繋いだ手をぶんぶん振ってしまう。

ハ:「ネロはお子ちゃまでちゅね~」

ハニーが意地悪い笑顔で見下ろしてくる。

私:「年下に言われたくありません!」

ハ:「そうだった。3ヶ月おばさんだったね」

私:「離しやがれ」

何とか手を剥がそうとすると、ハニーはさらに手を硬く握って腰を抱き寄せてきた。

ハ:「ウソウソ。すぐ怒る」

私:「怒らせてるのは誰?」

ハ:「えー? 誰かなー?」

わざとらしくキョロキョロして見せるハニー。
私が離れようとしたのを察したのか、すぐに再び腰を取られる。

ハ:「ごめんて! そんな怒るなよ」

私:「怒ってません」

ハ:「アイスも買おうか? ネロの好きなピノ」

私:「・・・・・・堅あげがいい」

ハ:「よし、買ってあげよう」

わざと乱雑に頭を撫でられる。
ごまかしたつもりだろうか。
あいかわらず下手だが、今夜はごまかされてやろう。
コンビニの派手な明かりが見えてきて、私はちょっとだけ寂しくなった。
Comment
≪この記事へのコメント≫
はじめまして♪

フラフラと立ち寄ったのですが、絶妙な文章や言葉使いに思わず読みいってしまいました。

切ない…。

何気ない優しさっていうのが、一番グッとくるんですよね。
2008/06/18(水) 02:19:11 | URL | ジュリア #-[ 編集]
>>ジュリアさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
記事の公開ミスで返事が遅くなって申し訳ありません。

そうなんですよね・・・・・・
普段気がきかないくせに、妙なところでツボを突くっていうか。
計算が無いから尚更やられてしまうんでしょうね。
2008/06/19(木) 16:56:06 | URL | ネロ #-[ 編集]
おお~!
前回の日記でハニーさんが悩みまくってるのが分かって、結局どうなったのかなぁ…と思っていましたが、やっぱり休みをとって一緒に過ごすのを選んでくれたんですね。素敵!お金を稼ぐのも大事だけど、最後の日だから一緒にいたいですよね。それを考えて選ぶのが優しいと思って。うちの旦那はチョー鈍感だし、シビアな面があるので、多分そういうことは考えないと思う。ハニーさんは本当に素敵な恋人ですね。一緒にいて幸せなのが伝わってきます。私も(あっラブラブじゃないワケじゃないんですよっ→しつこいってば・笑)幸せをおすそわけしてもらったような…そんな気持ちになります。
2008/06/19(木) 20:22:48 | URL | ハラメグ #-[ 編集]
>>ハラメグさん
そうなんですよ~、休んでくれました!
自分からっていうのがすごく嬉しかったです^^数十分悩んでましたけどね(汗;)
ハナちゃんの笑顔を見てると『あぁ、ラブラブファミリーなんだな』って解りますよ!
私も(勝手に)幸せいっぱいおすそわけいただいてます^^
2008/06/20(金) 14:18:51 | URL | ネロ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。