ジョグナ・アガルタ

婚約者(♂)と別れ、元カノ(♀)と復縁しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
マリッジ・ブルー (復活愛 2)
タケルは優しい。
裏を返せば優柔不断の私任せ。年下なので甘えもあるのだろう。
デート内容も食事もほとんど私が決めていた。
結婚の話となれば少しはしっかりするかと思ったがあいかわらずだった。

私:「ねぇ、結婚式はいつ頃にする?」

タ:「いつがいい?」

私:「式場はどこがいいかな?」

タ:「どこがいい?」

私:「結納とかどうする?」

タ:「よく分からないから任せる」

私:「少しはちゃんと考えてよ!」

タ:「だって分からないもん!」

私:「同僚に聞いたりネットで調べたりできるでしょう!?」

タ:「だって仕事忙しくて・・・・・・」

私:「・・・・・・」

タ:「・・・・・・わかった、調べる。ごめんなさい」

言えばしてくれる。言わないとしてくれない。
結婚の話は全く未知の領域でどこから手をつけたらいいのか分からないのかもしれない。

でも、それは私も同じこと。

タ:「まかせっきりでごめんね?」

私:「・・・・・・いいよ。けどちゃんと結納の事とか調べてね」

タ:「わかった」

『二人のことなのに、私にまかせっきりで彼が何もしてくれないんです!』
よくある話だ。
うちもご多聞にもれず、同じことをやっている。

本当にこのまま結婚していいのだろうか。

最近よく思う。
でも、

一緒にいると楽。金銭感覚も直ってきた。子供も欲しい。親も安心させたい。

なにより、他の人との結婚が想像できない。

結婚するならタケルと。
でも迷っているのも確か。
迷うと必ず思い出す人がいた。

ハニー。

私の人生で、初めて付き合った人。

だからだろうか、他の恋人達の記憶は薄れてもハニーのことはよく憶えている。
誰と付き合っても心のどこかにハニーはいた。
もっと綺麗に別れていたら忘れられたのかもしれない。
けれど別れ方はとても一方的であやふやで。
そのせいで別れを受け入れられないまま引き摺ってきた。
こんな気持ちのまま結婚するのも罪悪感があった。

ハニーと会いたい。

そして、気持ちにけじめをつけたい。

日を追うごとにその思いは強くなっていった。
同性とはいえ相手は元恋人。
タケルは嫌がるだろう。
それに会うにはヒトミに協力してもらわなくてはいけない。
その二つの足枷が、私を引き止めていた。
Comment
≪この記事へのコメント≫
ううむ…
なるほど。そういう複雑な思いがあったんですね。私は幸いなことにマリッジブルーがなかったのですが、結婚を迷ったということは、当時の彼氏さんがネロさんの生涯のパートナーではなかった…ということなんでしょうね、きっと…。付き合ってるのは良いけど、結婚となると少し違う…というのも現実にある話じゃないかと思います。そして、そこで何度も何度も思い出されるのがハニーさんで、どういう別れ方をされたのか?まだ分からないけども、ネロさんにとって本当に特別な存在(言葉で書く以上に)なんだってことが伝わってきました。気持ちの整理をつけるというか、ハニーさんに会って自分の気持ちを確かめることで、前に進めるかもしれないって考えられたのかな?と感じました。
2008/06/30(月) 11:31:57 | URL | ハラメグ #-[ 編集]
つけたし
あと、そうやってケジメを付けてから、答えを出したり、前に進んだり…大事なことですよね。私のばやい、マリッジブルーとは違ったけど、なんせ相手が適当なアメリカ人ですから(苦笑)、なんか思うように準備が進まず、「なんでそんなにのん気なんだ、お前は!!」って腹が立ったのは覚えてます(笑)。なので「ふざけんな!!」ってマジキレしたら、ちょっと変わりました。今でもよくやります。鈍感なのでムカついたらバシっと言わないと察してくれないんですよねぇ~(困)。元彼さんのことを悪く言うつもりは全く無いですけど、やっぱり相手にテキパキ動いてもらえると心強い面がありますよね。もしくは「君が主役だから何でも好きな事やって良いよ」も素敵な言葉だけど、だからと言って任せっきりじゃなくて、話を聞いたり、一緒になんか見たり、積極的に参加してるんだよってのを感じたいですよね。
2008/06/30(月) 11:41:52 | URL | ハラメグ #-[ 編集]
>>ハラメグさん
そうですね。少なくとも私が結婚するタイミングでは無かったんでしょうね。
結婚に対する覚悟が甘かったんだと思います。
つたない文章なのにちゃんと気持ちを汲み取って頂けてすごく嬉しいです^^
細かいところは追々書いていくつもりですので、お付き合い頂けるとありがたいです。
マジキレして変わってくれるウォさんは素晴らしいですね。
ちゃんと伝えられるハラメグさんも素敵です。運命の相手ってそういうことなんだなぁ。
2008/06/30(月) 17:05:50 | URL | ネロ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。